『ボクはやっと認知症のことがわかった』 長谷川和夫:著|7日間ブックカバーチャレンジ4日目

Facebookで「7日間ブックカバーチャレンジ」のバトンをもらったのでやっていきます。

2020年5月14日(木)

こんにちは、和歌山県橋本市の鍼灸師ワダです。ブログをご覧いただきありがとうございます。

7日間ブックカバーチャレンジ

概要

7日間ブックカバーチャレンジの詳細は1日目の投稿をご覧ください。

『ブッダの真理のことば・感興のことば』中村元:著|7日間ブックカバーチャレンジ1日目
Facebookで「7日間ブックカバーチャレンジ」のバトンをもらったのでやっていきます。 2020年5月11日(月) こんにちは、和歌山県橋本市の鍼灸師ワダです。ブログをご覧いただきありがとうございます。 7日間ブックカバーチャレ...

『ボクはやっと認知症のことがわかった』 長谷川和夫:著

4日目は長谷川和夫先生の『ボクはやっと認知症のことがわかった 自らも認知症になった専門医が、日本人に伝えたい遺言』です。

長谷川式認知症スケールを確立し、認知症研究の第一人者である長谷川医師の本です。NHKでも認知症になってからの生活の様子が取り上げられるなど話題になりました。

個人的にとくに気になったのは、第一人者である先生が認知症になったときに自分自身のことを「どういう風に考えるのか?」、「どういうことを思うのか?」ということです。

長谷川先生は実際に認知症になって気づいたことは多いと書かれています。

医療や介護の現場で働く人にも参考になるし、認知症の家族を持つ人、認知症の不安がある人も参考になると思います。

詳しい本の内容は過去に記事にしているのでそちらをご覧ください。

認知症になった長谷川和夫先生の本
長谷川式認知症スケールの開発者、長谷川和夫先生の本を読みました。 2020年2月21日(金) こんにちは、和歌山県橋本市を拠点に活動しております蓬庵(よもぎあん)のワダです。ブログをご覧いただきありがとうございます。 認知症と長谷...

 

タイトルとURLをコピーしました