2021年6月のブログと更新情報

日々の出来事や動画などの更新情報を書いています。

線

2021年6月のブログと更新情報

※一部の写真はクリックで大きくなります。無断使用・転載はご遠慮ください。

月間ブログ

別月のブログはこちらから↓↓

・ 月間
「・ 月間」の記事一覧です。

6月1日(火)頭痛

頭痛の新患さんが来られました。

問診をして現在でている症状と経過を詳しく聞いていきます。

中国医学をベースにみていくと、複数の頭痛のタイプが重なっている状態でした。虚(エネルギーの不足)と実(エネルギーの過剰、停滞)も夾雑しててはっきりしない状態でした。

こういう場合は見えている症状から施術して体を整理していくしかありません。

多くの場合は、痛み止めの薬や病院ではよくならない状態になってからこられてくることが多いです。

できることなら痛み止めが効かなくなってくる前に施術に来てほしいというのが本音です。

鍼灸であっても早く施術をはじめた方がスムーズによくなっていくことが多いです。

手前がサクランボで奥がモミジです。

OLYMPUSの開発者だった米谷美久さんの記事を読んでたら、PENというシリーズのフィルムカメラを買ってしまいました。

OLYMPUS PENーFVは今から55年前に販売されたフィルムカメラです。

OLYMPUSのOMシリーズとPENシリーズは、今でも現在のデジカメの形として採用されていてメーカーの愛と造形の美しさが際立ちます。

OLYMPUS PENーFV

月初なのに今月のお小遣いを使い果たしました。小学生かぁ、、、(^_^;)

6月2日(水)庭のサクランボとモミジの木

父が抜いた庭のサクランボとモミジの木ですが、このまま処分するには申し訳ない気がして後輩の木工職人にアクセサリーにしてもらえるように依頼しました。

生木なので乾燥する必要があり、切って乾燥させてみないとうまくできるかわからないと言うことでした。

手前がサクランボで奥がモミジです。

さくらんぼ もみじ

生木を扱うのははじめてということなのでどうなるかわかりませんが、記念に何か形に残せたらうれしいです。

手前がサクランボで奥がモミジです。(撮影:2007年4月8日)

さくらんぼ

あらためて植えたときの画像をみてみると、最初はこんなに細い木だったんですね。

6月3日(木)肩関節と股関節、球関節、フラクタル構造

肩を動かしたときの違和感が肩の周囲だけの施術でとりきれなかった患者さんがいました。

最後に同側の股関節を少し調整してみたら肩の違和感は改善しました。

すると「そういえば股関節の調子もここのところ変な感じだったんですよ。」と患者さんが驚かれていました。

姿勢でも股関節と肩関節は影響し合っていますし、股関節と肩関節は球関節で構造が似ています。

このようにフラクタル構造になっていて似ている場所は、症状でも関連し合っている場合があるので人間の体は面白いです。

OLYMPUS PEN-FT

買ったカメラが届きました。OLYMPUSにはデジタルカメラにもPEN-Fシリーズがあるけど、これは55年前に発売されたフィルムカメラのPEN-FTです。

ハーフサイズカメラなので通常の倍の枚数が撮れて、大きさコンパクトで女性にも人気があったそうです。

レンズの蓋にFの花文字がしぶいです。早く撮影してみたい(^_^)

OLYMPUS PENーFV

6月4日(金)胆石の痛み

運動などを何もしていないのに、お腹、脇、腰に強い痛みが急にでてきたという患者さんの相談でした。

お腹、脇、腰に強い痛み、、、その痛みはどうも胆石っぽいので病院へ行ってもらいました。

病院へ行ってもらったところ医師の判断でも胆石だということでした。

腰痛と思ったら胆石や腎結石ということもあるので、施術のときに注意する必要があります。

貸し切り

今日も三日市駅をこえたら車両が貸しきりでした。コロナの前はもう少しなっている人がいたんですけどね。

電車

6月5日(土)東洋医学の学び方

教科書だけだと東洋医学をイメージしにくい、理解しにくいという鍼灸学生さんが多いです。

そういう方は、まず一般むけのイラストや図説が多い本を数冊ほど読んでみるといいと思います。

私は『やさしい中医学入門』などもだされていて、専門学校で教員もされていた関口善太先生の『イラスト図解 東洋医学のしくみ』を読んでから東洋医学の理解につながりました。

大きな本屋さんなら東洋医学の本がいくつかあると思うので、自分が見やすいと思ったものを選べばいいと思います。

まずは大きく東洋医学の世界観を理解することが大切です。

6月6日(日)和歌浦天満宮と片男波海水浴場

今日は和歌浦の方へカメラをもって行ってみました。

何度か近くまで行ったことはあるのですが、行ったことがなかったので和歌浦天満宮へ行ってみました。

和歌浦天満宮 写真

入口の牛さんはマスクをしています。のぼりにくい急な石段になっているのでゆっくり慎重にあがります。

和歌浦天満宮 写真

あがった門から入口の方をみてみると、海の方を見下ろす感じで絶景でした。

和歌浦天満宮 写真

今は手水舎の水をコロナのため止めているところが多いですが、紫陽花が浮かべられていました。

和歌浦天満宮

これだけでも階段を上ってきた甲斐があります。とても綺麗ですよね。

和歌浦天満宮 写真

本殿にもお参りして後にしました。

和歌浦天満宮 写真 和歌浦天満宮 写真

さらに足をのばして片男波海水浴場の方まで歩いて行きました。

夏ならすごい人になる浜辺ですが、そんなに多くはありませんでした。みなさん等間隔に離れて釣りや日光浴をして楽しまれていました。

方男波

せっかくなので波打ち際まで行ってみました。

方男波

近くまでいくと波の音がよく聞こえました。波を見ながらぼーっとしていたらとても癒やされました。

遠くからだとわかりませんが、近くで見ると思ったよりも透明で水面がキラキラしていて綺麗です。

方男波 方男波

画質はよくありませんが、少しだけ波打ち際の雰囲気をどうぞ。

片男波海水浴場の波打ち際(ブログ記事用)和歌山県和歌山市

6月7日(月)和歌山城の庭園と紫陽花

昨日、和歌浦天満宮と片男波だけでなくバスを途中下車して和歌山城へも行っていました。

その目的は少し奥まった場所にあるので知らない方も多いのですが、鶴の渓にある紫陽花です。

和歌山城の写真 紫陽花

そのあたりの一体が紫陽花になっており、普段であればほとんど足を止めることはないような場所ですが、紫陽花が咲いたときには足をとめて写真を撮る方も多いです。

和歌山城の写真 紫陽花

砂の丸広場から西の丸庭園に向かう途中にあります。そんなに人が多い場所でもない穴場なのでオススメです。いくつかの種類の紫陽花があります。

和歌山城の写真 紫陽花 和歌山城の写真 紫陽花

西の丸庭園(紅葉渓庭園)もモミジがとても綺麗なので初夏や秋にはオススメです。

和歌山城の写真 和歌山城の写真

ここの池にはカワセミもでるそうで、望遠のカメラをもって待っている方もよく見かけます。

和歌山城の写真 和歌山城の写真

とても綺麗な庭園なので和歌山城に行ったら天守閣だけでなく、ここにもぜひ立ち寄って欲しいと思います。

6月8日(火)整体で癌が改善!?

YouTubeにでてきた整体セミナーの広告を消えるのを待ちながら見ていると、講師の先生が施術した患者さんはことごとく「ガンが改善!」と言っているんです(^_^;)

こんなことを言えてしまうのは、医療系の国家資格を持っていないからなんでしょうね。

国家資格でない整体やリラクゼーションは誰でもできますから、技術に自信があれば脱サラしたおじさんでも思い立ったらお店をひらくことができます。

私もガンの方の施術やサポートは頼まれたらします。

でも「施術でガンが改善します!」なんて無責任なことは色んな意味で言えません。。。

鍼灸の施術は、ガン治療おける薬の副作用や体の不快症状に効果が期待できることは認められています。

しかし鍼灸の施術でガンが改善したりガンがきえるかというと、そう簡単な問題ではありません。

もちろん鍼灸や整体の施術によりガンが改善していく方もいます。

ただ多くのケースでは西洋医学の治療と併用していることも多いです。なので鍼灸や整体だけでガンが改善するなんてことはいえません。

患者さんでガンで亡くなった方は何人か経験しています。入院するぎりぎりまで施術をさせていただいた方もおられますが、やはりガンの施術は難しいと感じます。

6月9日(水)正座

腰痛とシビレできていた高齢の患者さんですが、今はときおり起床時に痛みがある程度になり車椅子と杖は不要になりました。

杖が必要なくなるのは症状が改善していることがよくわかる変化のひとつです。

高齢のため状態を維持するのに定期的にメンテナンスにはきてもらっています。

良くなってくれば欲もでてきます。

「長年できていない正座はできるようになる?」と聞かれました。

最初になんでも言ってくれたらいいのですが、患者さん自身が「これはずっと前からだから治らない。」と思って言われていないこともよくあります。それが施術をすすめるにつれて「これもよくなる?」と相談されることがあります。

腰痛の施術と膝の施術は関連している部分もあるので、いつもの施術に少し手を加える形でやっていくと、3回目の施術で膝に痛みはでるけど踵(カカト)がお尻について正座の形はできるようになりました。

患者さんは驚くとともに、とても喜ばれていました。

長時間の正座はできなくても、少し仏前やお客さんがこられたときに正座ができると大きく違います。

まだ膝の上部で筋肉のかたさが残っているので、それをとると痛みはもう少しよくなっていくと思います。

庭のモミジ

父が抜いた庭のモミジを後輩の木工職人に木をたくしました。

さくらんぼ もみじ

根っこの部分をキューブにして隙間はレジンでうめたと連絡がきました。

不思議な模様になっていますね。これが一輪挿しになる予定です(^_^)

6月10日(木)ワクチンの承認

通常であればワクチンや薬は、治験で当日、1週間、1ヶ月、1年、2年というようなフェーズで効果と安全性が評価がされてから承認となります。

今回は特例としてコロナワクチンは緊急承認、特例承認という形をとりました。

アメリカでは日本とは桁違いの位で死者が広がっていましたから悠長にしている時間がなかったからです。

承認されているので治験ではありませんが、Pfizerがだしている治験計画や評価の資料をみているとまだ評価の途中であることがわかります。

評価の期間が短いという不確定要素は誰にも否定できません。

任意の接種ですから打った方がメリットが大きいと感じる人は打つべきだし、逆に感じる人は打たなくてもよいと思います。

コロナワクチンを打った方がいいと否定派を攻撃する人

コロナワクチンを打たない方がいいと賛成派を攻撃する人

こうして否定や攻撃するのは、私からしたらどちらも同じにみえます。冷静に現状での課題や問題を評価した方がいいと思います。

しっかり自分にとってのメリットを考えてワクチンを接種して欲しいと思います。

6月11日(金)中学生男子は意味不明

サッカーをしている中学生が、施術室に入るなり「今日はあちこちがだいぶヤバイっす。」と言いました。

中学生男子って、問診してて意味不明なことが多いです(笑)

思春期で口数の少ないあいまいな情報から判断しないといけません。

首をかしげながら「普通」「ヤバイ」「大丈夫」「痛い」「変な感じ」とか。

「おい、自分の体のことなんだからもう少しきちんと説明しろよ!」っと思うのですが中学生男子には難しいようです。

経過をよく聞いていくと、4対4にわかれて練習中に相手の膝が太ももの外側に接触して打撲になったようです。

その状態で試合もしたようで「立てないぐらい痛かったけど、根性で試合を乗り切りました!」って(^_^;)

そんな状態で試合をすると、痛い場所をかばって無理な体の使い方になるので他の場所も痛くなります。さらにケガをしなくて良かったです。

打撲はケガです。そういときは無理をしないのも大事なんですよ。

とはいえ、レギュラーやスタメンからはずれたくないなど、なかなかわかってもらえないことも多いので困るところです。

6月12日(土)治りにくい症状

病院では良くならなかった症状が、施術でスムーズによくなるってちょこちょこあるけど、逆にスムーズによくならないのもちょこちょこあるのが事実なんです。

技術不足もあるかもしれませんが、やはり症状によっては良くなりにくいものって一定数あります。

1ヶ月、数ヶ月、1年、数年、そいう単位で変化をみていく必要があるものもあります。

長期的な施術により少しずつよくなっていくものもありますが、「症状がもとのように完全によくなるか?」「いつになったら良くなるのか?」と聞かれると答えるのにとても困ります。

慢性的な症状、5~10回の施術で症状に大きな変化がでないものは時間がかかる事が多いです。正直なところやってみないとわかりません。

もちろんご本人や家族が辛いのはよくわかりますが、施術する側も施術していて辛いというのが本音です。

6月13日(日)インドカレー

今日は用事で近くまで行ったのでインドカレーを食べにいきました。

個人的には奈良県五條市のイオンに入っているお店がお気に入りです。

インドカレー

ここのお店は辛さ普通だとほとんど辛くないので、辛いのがいい方は辛口ぐらいがいいと思います。私はすごく辛いのは苦手なので辛さ普通か中辛です。

コニカC35 ピッカリコニカ

昨日の正午に神奈川県から発送されたのに、今朝の9時半に和歌山県の自宅に荷物がきました。日本の物流は本当にすごいですね!

コニカC35というカメラで、通称はピッカリコニカ(タイマー付き、1976年に発売)です。

年配の方の中には見たことがある、持っていたという方もいると思います。

ピッカリコニカ

世界ではじめての実用的なフラッシュ(ストロボ)が内臓されたカメラと言われています。それまでのフラッシュは外付けや大きなものが多かったんです。

フィルムカメラをはじめた人なら一度は触ってみたいと思うカメラのひとつです。すっかりフィルムカメラの魅力にはまっています(^_^)

6月14日(月)

 

6月15日(火)

今日は予約が早く終わったから師匠と施術の練習をしました。すると早く帰れそうだったのですが、結局いつもと同じ時間になりました。

見てるだけなら簡単なことなのに、自分がやってみたら全然できません。

手の置き方、手の圧、手の置く位置、手技のスピードと動き、力のベクトル、施術の姿勢、意識やイメージ、自分と相手の呼吸など、すべてがピタッと決まらないと効果は薄くなります。

少し前から新しいテクニックの練習にとりくんでいますが、習得にはもう少しかかりそうです。

このテクニックを習得したら今までより効率ようく効果をだせるようになります。

風?

今日は大坂の施術所の待合室で、誰も入ってきていないし風もないのに入口にかけてるハンガー同士が動いてカタカタって音がなって動きました。

扉があいてないのに誰かが入ってきた気配が(男性?)、、、なんでしょうw

そこにいた2人がそれを感じました。

空調の風があたったのか、ハンガー同士が引っかかっていて動いただけかもしれませんが不思議なこともあるものです。

みどりの窓口

JR和歌山線橋本駅にあった窓口が封鎖されていました。

いまJRは駅にあった「みどりの窓口」を終了して、特急券や新幹線の指定席は券売機で買えるようにしています。

ネットや券売機を使い慣れている人なら便利な部分もありますが、今まで窓口で買っていた人には不便な部分もあるでしょう。

ネットが普及する前は駅に問い合わせて電車の時間や新幹線を調べてもらうこともありましたが、今はスマホで調べられますからそういうのも減ったのかもしれませんね。

みどりの窓口 橋本駅

6月16日(水)慎重に撮る

このカメラ(OLYMPUS PEN-FT)ではじめてフィルム現像をだしてきました。

うまく写っているといいのですが(^_^)

OLYMPUS pen ft

仕上がりは月曜の夕方らしいので5日間ほどワクワクして待つとします。

普段はデジタルカメラだと1日に50枚〜300枚ぐらいを撮ることも珍しくありません。

念のためにとにかく撮ってしまうんです。同じ場所でも大きく、小さく、縦、横、それだけでも4枚になってしまいます。

フィルムだと、24枚、27枚、36枚だったりするのですぐになくなると思ったら、1枚1枚の構図を意識して慎重に撮るから意外となくならなかったんです。

今まで何も考えないでたくさん撮ってたのがよくわかりました(^_^;)

よもぎ餅 浪速堂

おやつに浪速堂のよもぎ餅を頂きました。ありがとうございます(^_^)

6月17日(木)

 

6月18日(金)

 

月間ブログ

別月のブログはこちらから↓↓

・ 月間
「・ 月間」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました