2021年11月のブログと更新情報

日々の出来事や動画などの更新情報を書いています。

線

2021年11月のブログと更新情報

※一部の画像はクリックで大きくなります。画像の著作権はブログ管理者(ワダ)に帰属します。無断使用、無断転載はご遠慮ください。画像を利用したい場合は必ずご連絡ください。

月間ブログ

別月のブログはこちらから↓↓

・ 月間
「・ 月間」の記事一覧です。

11月1日(月)11月1日です!

気づけば今年もあと2ヶ月となりました。今年もあっという間に過ぎ去っていく感じがします。

さて、1日ですので氏神様の高野口八幡神社まで行ってきました。

11月とは思えないような陽気で、小高い山の上にある神社に着いた頃には汗がながれていました。

一日参り

そして新しい発見をしました。

線路の踏切の近くに桜の木があるのは知っていましたが、いくつかの花が咲いていました。狂い咲きの可能性もありますが、十月桜ではないかとも思っています。

また近くを通ったときによく観察したいと思います。

あと写真を確認したらピンボケでした(^_^;)

十月桜

11月2日(火)行方不明

ふと刺さない鍼をいれているケースをひらいたときに、銀の鍼がひとつ行方不明になっていることに気づきました。

前回に使ったときに他の場所になおしたのか、ズボンのポケットにいれたまま洗濯してしまったのかとあせりました。

鍼ケースの写真

さがしてみると普段ならいれることのない場所になおしてあるのをみつけて安心しました。

これはザン鍼という種類の鍼です。なでるように使って体表の熱をとったり、切るように使って皮膚や筋肉の緊張をとるときに使っていきます。

今後は鍼をなおすときに気をつけないといけませんね。

ざん鍼の写真

今日の最後は、なんばウォークの広場でみつけたコスモス!

造花かと思いましたが本物でした。地下街でも綺麗なコスモスを見ることができました。

 

11月3日(水)夜道は怖い

今日の帰り道のことでした。

23時頃に街灯が少なく顔も見えない暗い夜道で道に迷ってるという女性から声をかけられました。

急に暗闇から女性の声がするのでビックリ!

「○○はどのあたり?」→「この辺りが○○ですよ」

手ぶらだし、詳しい場所は言われないので不自然です。

コロナで失業した。辛いことがあって落ち込んでいるといいます。

ただ話し相手が欲しいだけで悪意はないのかもしれないけど、職業や結婚などこちらについてきてずっと話しかけてきます。

詳しい場所は言わないので案内のしようもなく、明るい国道まで案内して別れました。心配もあるけど何より怖かったです。

酔っているのか少し精神的に不安定な様子だったので近くにあった交番までつれていく方がよかったかと後から後悔しましたが、不信感も消えずなんとも複雑な気持ちになりました。

金木犀(きんもくせい)

庭にある金木犀が咲き始めました。金木犀はにおいで夜道を歩いていてもわかりますよね。

金木犀の写真 金木犀の写真

11月4日(木)アンブレラスカイ

杉村公園(橋本市)でやっているアンブレラスカイを撮ってきました。

天気が良かったので多くのの方が撮りに来られていました。

杉村公園(和歌山県橋本市)アンブレラスカイの写真

今回はNikonの70年ほど前に作られた古いレンズで撮影しています。

撮影:Fujifilm X-T30

レンズ:Nippon Kogaku Nikkor H.C 5cm F2

天気が良いので光が差し込むとすごく綺麗でした。

支えているのが建築現場などで使う足場材なのが少し残念かな。

杉村公園(和歌山県橋本市)アンブレラスカイの写真 杉村公園(和歌山県橋本市)アンブレラスカイの写真

地面にも傘の色がうつっています。

杉村公園(和歌山県橋本市)アンブレラスカイの写真 杉村公園(和歌山県橋本市)アンブレラスカイの写真

オールドレンズの特徴であるフレアや光芒を意識して撮ってみました。

杉村公園(和歌山県橋本市)アンブレラスカイの写真 杉村公園(和歌山県橋本市)アンブレラスカイの写真

11月5日(金)水風船

小児はりにきている幼稚園児が水風船を先生に見せたいともってきました。

施術所で水のはいった水風船はやめてー(^_^;)

なんばパークスのイルミネーションもはじまりました。

なんばパークスのイルミネーション

例年とほとんど同じですが大きなブルーの滝はとても綺麗です。

なんばパークスのイルミネーション なんばパークスのイルミネーション

11月6日(土)そろそろ冬です。

明日の7日には二十四節気の立冬をむかえ暦では冬になります。

まだまだ日中は暖かい日もありますが、朝と夜は確実に寒くなっていきます。

風邪を引いている方も多くなってきているので、どうぞご自愛ください。

そうそう、ちなみに咳にはレンコンがいいですよ。

11月7日(日)高野山の紅葉

紅葉の終盤で日曜日ということもあり山内は多くの人と車で混み合っていました。こんなに人の多い高野山は久しぶりにみます。

 

 

高野山のイチョウはもう終わりです。舞い散るようにたくさん降り注ぎました。

そのうちひとつがカバンの外ポケットに入っていました。 一度は外にだしましたが、愛おしいのでまた紙にはさんで外ポケットにしまいました。

護摩行

恵光院のご住職による護摩行です。私は今回で2回目の経験です。

護摩行は煩悩を焼くなどとも言われますが、護摩祈祷ではこの炎が神様に願い事を伝えてくれるそうです。

ブログのみの公開になっています。短い動画ですが雰囲気を感じとってください。

お遍路さん

四国八十八カ所のお遍路をする人にとって高野山は空海さんに最後の報告に行くゴール地点のひとつです。

奥の院の参道を手をつないで通り過ぎたご夫婦らしき方の後ろ姿を撮りました。

ずっと手をつないでまわられたのかなぁ。こういうご夫婦にあこがれます。

日暮れの高野山

何度も高野山を撮ってるけど日暮れははじめてでした。 今の時期は暗くなるのが早いからいいですね。17時30分にはこんな写真が撮れます。

夜の金剛峯寺と壇上伽藍の根本大塔です。

高野山の夜 金剛峯寺の写真 夜の高野山の写真

壇上伽藍の中門とお堂の灯籠です。まるで宝石のようです。

 

11月8日(月)気と脈とお腹

患者さんがこられて最初に腕から脈をみることが多いですが、それだけでお腹がグルグルと音がなって動いてくれる患者さんがいます。

お腹がなって恥ずかしいと思う方はいると思いますが、それは悪いことではありません。

脈をふれる場所には肺経のツボとルートが流れています。そのため指で触れるだけでも気の流れがよくなります。

気が全身をめぐっているな。

患者さんが施術を受けるモードになっているな(患者さんの心身が施術を受ける態勢になっている方が気は流れやすい)。

体をよくするという意思が伝わっているな。

そんなことを私は考えてます。

11月9日(火)秋のさくら

先週に私が「今日は桜が咲いているのを見ましたよ。」と話していた患者さんが、「私も他の場所ですが桜を咲いているのを見ました。」と写真をみせてくれました。

十月桜か狂い咲きか?

いずれにしても珍しいとは思うのですが、アンテナをはっていると見つかるものですね(^_^)

11月10日(水)延命寺(河内長野市)の紅葉

延命寺(河内長野市)の紅葉を見てきました。ここ3年にわたって毎年行っているお気に入りの紅葉スポットです。

延命寺 延命寺

はじめて行ったときには山の中は見事でしたが境内や池のまわりは見頃が過ぎており、次は少し早く行きましたがイチョウは散ってしまっていました。

延命寺

今年はイチョウがまだ残っているころをねらってさらに少し早く行ってみました。それでもかなり落ちていて黄色の絨毯になっていました。

延命寺 河内長野市

水面でのリフレクションがとても綺麗です。まだ緑が多いですがこれから色づいていきます。

延命寺

寺門や境内は見頃の木もありましたが山の中はまだ緑でした。

もう少し色づくと綺麗なグラデーションのトンネルになります。しかしその頃には寺門や境内は散ってしまいます。

 

池のところで撮ったイチョウが舞い散る様子です。

すごく奇抜な植物があったのでGoogleの画像検索で調べてみると、葉から悪臭がするから臭木(クサギ)というそうです。

臭木 くさぎの写真

そしてはじめて見たときには大量の芋虫かと思ってビックリしたヒマラヤスギの花です。少し離れてみると色や形が本当にそっくりです。

ヒマラヤスギ

11月11日(木)瀬戸内寂聴さんが99歳で亡くなる

瀬戸内寂聴さんが99歳で亡くなられました。

小説は読んだことはないのですが、若い秘書さんとのやりとりやエッセイは面白く何冊かの本を買っています。

高齢になってもお肉、お酒、芸能ゴシップは大好き、今日が最後の日と思って楽しく生きるというお話はときおり患者さんにもします。

厳しく戒律を守る僧侶からはかけはなれた方ではありますが、欲に素直でとても人間らしく生きられた方だと感じます。

五條市の患者さんから立派な大きな柿を頂きました。

他の農家さんも言われていますが、天候の影響か今年の冬柿は不作だそうです。

柿

11月12日(金)

 

月間ブログ

別月のブログはこちらから↓↓

・ 月間
「・ 月間」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました