小児はりの施術動画|小児はりは気持ちの良い施術です。

小児はりを施術している様子をYouTubeにアップロードしました。

こんにちは(^-^)
東洋医学ライフを提案する蓬庵(よもぎあん)の和田です。

今回は小児はりの施術風景を動画で撮ってみました。親御さんの許可を頂けましたので公開させて頂きます。小児はりについての詳しい情報は以下の小児はりページをご覧ください。小児はりの解説やお得な情報ものせています。

小児はり
蓬庵の小児はり(小児針)は、とても心地よく子どもに人気です。喘息やアレルギーにも強い東洋医学に詳しい先生がいます。お気軽にご相談ください。→090-5964-9481

小児はり

小児はりは刺すの?

小児はりは興味があるけど、どんなことをするのか知らないから怖いという意見もたまにききます。またハリとついているので実際に鍼を刺すと思われている方も多いですが、実際は、なでる、さする、とんとんとたたく、チクチクと刺激するなど気持ちのよい刺激で皮下に刺入することはありません。

syounihari 紀の川市の患者様 赤ちゃん

小児はり施術風景の動画

生後7ヶ月の男の子です。生まれてすぐから小児はりに来てくれています。動画を撮ったときには、便秘気味、乳児湿疹(頰)でこられていました。今は乳児湿疹は改善しています。

蓬庵の小児はり

蓬庵では大師流(だいしりゅう)の小児はりと、夢分流(むぶんりゅう)の打鍼術(だしんじゅつ)を使用しています。大師流は皮膚をフェザータッチでなでるような優しい施術です。打鍼術はお腹をトントンと優しく木槌で叩いていきます。気持ちが良いので子どもは大好きです。

大師流の小児針

施術中は手のひらの中に隠れるので子どもからは見えません。

夢分流の打鍼術は心地の良い治療です

叩くとトントンととても気持ちのよい音がします。お腹の緊張(邪)をゆるめていきます。日本でうまれた特殊な鍼のやり方です。

タイトルとURLをコピーしました