耳鳴りと東洋医学|「虚」と「実」の耳鳴りの特徴(動画)

耳鳴りについての解説動画を撮りました。

こんにちは(^-^)
東洋医学ライフを提案する蓬庵(よもぎあん)の和田です。

耳鳴りを解説した動画を撮りましので、よかったらご覧ください。基本的に内容は同じですが、ロングバージョン(11分ほど)とショートバージョン(4分ほど)があります。

耳鳴りと東洋医学

東洋医学(中医学)的な鑑別

東洋医学では、まず大きく「虚(きょ)」タイプと「実(じつ)」タイプに分けていきます。

「虚」→エネルギーが不足して弱っている状態

「実」→エネルギーが停滞したりあふれている状態

「虚」と「実」による耳鳴りの特徴

耳鳴りがどんな音をしているのかも東洋医学の鑑別では大事になってきます。

「虚」→低音→ジージー、ザーザー→セミの鳴き声、ラジオの砂嵐

「実」→高音→キーン、ピー→金属音

※より詳しい解説は以下の動画をご覧ください。

解説ロングバーション

解説ショートバーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました