FMはしもと「和田先生の気まぐれ東洋医学」蓬庵のラジオ

蓬庵ラジオ「和田先生の気まぐれ東洋医学」

こんにちは(^-^)
東洋医学ライフを提案する蓬庵(よもぎあん)の和田です。

月曜日の11時30分頃より、FMはしもとラジオdeブランチ月曜日のコーナーにて、「和田先生の気まぐれ東洋医学」として東洋医学や健康に関することを配信中です。最新の情報や動画はこちらで随時更新していきます。現在、♯15まで公開しています(^-^)

FMはしもと 81.6MHz
http://816.fm/

2016年9月12日放送分 ♯1、自己紹介、はじまります
今までは原稿を水野さんに読んでもらうやり方で放送をしてきましたが、今後は私自身が録音した音声で配信したいと思っています。以前よりわかりやすく、おもしろくなるように頑張っていきます。今回は最初なので蓬庵の自己紹介などが中心です。よろしくお願いします。

2016年9月19日放送分 ♯2、ストレスと考え方
事実はひとつですが解釈によって大きく意味が変わってきます。家をでたところでブレスレットや数珠がきれてしまったら、あなたならどうのように考えますか?、不吉な予感?、それとも他のことを考えますか?

2016年9月26日放送分 ♯3、秋分、ストレスと妄想
あなたのストレスの原因は妄想(考えすぎ)かもしれません。何かが起こる前から悪いことを考えすぎていませんか?、それによってかえって自らを苦しめるストレスの原因になっているかもしれません。

2016年10月3日放送分 ♯4、秋分、秋の養生
春分について、また秋の過ごし方や食事での注意についてはなしています。秋は「肺の臓」の季節。乾燥・皮膚・呼吸器などがキーワードです。

2016年10月10日放送分 ♯5、運動会の疲れとチック症、小児はりと発達障害(自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害)
運動会の練習は子どもたちにとってはとても疲れます。疲労や緊張がたまるとチック症がでる場合もあります。それらのチック症や疲労には小児はりが有効です。また近年は発達障害(アスペルガー症候群、自閉症、注意欠陥多動障害)の治療にも小児はりは注目されています。

2016年10月17日放送分 ♯6、寒露、風邪、ぎっくり腰、寝違い、落語、金玉医者
朝夕の気温が寒くなり始める寒露という季節に入っています。今は風邪が多くなってきましたし、冷えはぎっくり腰や寝違いの原因にもなります。また東洋医学に関する落語の金玉医者についてはなしています。

2016年10月24日放送分 ♯7、霜降(そうこう)、冷えと逆子になる原因
二十四節気は霜降に入ってきています。これからますます寒くなっていきます。これからは妊婦さんの逆子も多くなってきます。それは胎児は冷えを嫌うためです。あしもとをしっかり温めるようにしましょう。

2016年10月31日放送分 ♯8、霜降、五色と五臓
霜降の次には立冬がやってきて暦では冬となってきます。これからの過ごし方で大事なことをおはなししました。また、五色(青、赤、黄、白、黒)と身体や養生との関係を説明しました。

2016年11月7日放送分 ♯9、立冬、柿、山薬
暦では立冬をむかえ冬に入ってきました。これからは体を温める事も大事になってきます。また柿はビタミンCが豊富でおススメの食べ物ですし、山芋や自然薯も漢方では山薬と言われおススメです。

2016年11月14日放送分 ♯10、冷えによる腹痛、冷えによい食材、生姜、くず、シナモン
先週の一週間は冷えが原因と思われる腹痛やお腹の不調が多かったです。今回はそんなときによい食べ物などを紹介しています。

2016年11月21日放送分 ♯11、インフルエンザの予防で大事なコト3つ!
インフルエンザの流行が始まっているようですね。今回は予防接種とともに予防で大事なことをお話ししました。基本は普通のカゼの予防と同じです。

2016年11月28日放送分 ♯12、君の名は。、紅白の色の意味、神社で生まれ変わる
君の名を見た感想にはじまり、色と神社の関係についてはなしています。白は男性、赤は女性、朱の鳥居は女性の立ち姿?についてはなしています。

2016年12月5日放送分 ♯13、冷えとぎっくり腰、腰痛は冷やすのか温めるのか、二十四節気・大雪
この時期に多くなってくる症状のひとつがぎっくり腰、そんなときに有効な対処方法はなんなのか?。温めたらよいのか、それとも冷やしたらよいのか、またこれから入っていく二十四節気大雪のおはなしです。

2016年12月19日放送分 ♯14、二十四節気、冬至、ゆず風呂、ゆずシロップ
冬至は太陽が軌道上の最も南に来るときで、夏至とは反対に、夜が最も長く、昼が短くなる日です。「陰陽」のバランスでは、「陽」の気がもっとも小さくなり、「陰」の気がもっとも強くなる日といえます。これから夏至にむかうにつれて、少しずつ「陽」の気が増えるとともに、昼の時間が長くなり、夜の時間が短くなっていきます。

2016年12月26日放送分
♯15、お屠蘇、目標設定

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。
はじめての方は、ぜひ蓬庵の公式ホームページもご覧になって下さい。

【和歌山県橋本市の鍼灸専門治療院】
橋本市、紀の川市、五條市、かつらぎ町で人気の治療院です。東洋医学に基づいた治療を専門とします。肩こりや腰痛だけでなく、頭痛、不眠、めまい、生理痛などの内科や婦人科の症状の治療も得意とします。

鍼灸治療所蓬庵(しんきゅうちりょうしょよもぎあん)
【施術内容】はり、きゅう、小児はり、養生、美容
【施術日】月曜日、水曜日、木曜日
【受付時間】AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00まで)
【住所】和歌山県橋本市高野口町向島84-13
【最寄駅】JR和歌山線 高野口駅(徒歩10分)
【庵主】和田智義
蓬庵鍼灸小児はり施術案内アクセスメール相談・ご予約

ご予約、お問い合わせ
TEL 090-5964-9481

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です