【二十四節気の穀雨(こくう)をむかえました。】

こんにちは(^-^)
東洋医学な生活を提案する蓬庵(よもぎあん)の和田です。

【二十四節気の穀雨(こくう)をむかえました。】

natur

先日の4月20日に二十四節気のひとつ穀雨(こくう)をむかえました。二十四節気とは太陽の運行を基準にして1年を24等分し、約15日ごとに分けた季節のことで、中国の華北地域の気候が元になっています。

穀雨(こくう)は、穀物の穀(こく)に雨と書きます。その字が示すように、たくさんの穀物をうるおす春の雨が降る頃のことです。穀物に限らず春に巻いた種にとって恵の雨となります。穀雨の終わりには、夏の始まりを告げる八十八夜が訪れます。

桜は終わってしまいましたが、チューリップやぼたんが咲き、ウグイスが鳴き、気持ちのよい季節ですね。

また先日の4月16日から、春の土用(どよう)に入っています。

土用についての詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

【土用(どよう)ってなに!?】
http://yomogian.info/2016/04/22/doyou/

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。
はじめての方は、ぜひ蓬庵の公式ホームページもご覧になって下さい。

【和歌山県橋本市の鍼灸専門治療院】
橋本市、紀の川市、五條市、かつらぎ町で人気の治療院です。東洋医学に基づいた治療を専門とします。肩こりや腰痛だけでなく、頭痛、不眠、めまい、生理痛などの内科や婦人科の症状の治療も得意とします。

 鍼灸治療所蓬庵(しんきゅうちりょうしょよもぎあん)
【施術内容】はり、きゅう、小児はり、養生、美容
【施術日】月曜日、水曜日、木曜日
【受付時間】AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
【住所】和歌山県橋本市高野口町向島84-13
【最寄駅】JR和歌山線 高野口駅(徒歩8~10分)
【庵主】和田智義
蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス ・ メール相談・ご予約


ご予約、お問い合わせ
TEL 090-5964-9481

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です