【怒りの本質「怒る」と「叱る」】と【子育てでの叱り方】

こんにちは(^-^)
東洋医学な生活を提案する蓬庵(よもぎあん)の和田です。

【怒りの本質「怒る」と「叱る」】
【子育てでの叱り方】

数年のおつきあいになる患者様とのはなしになりますが、「先生は感情の起伏がなく、いつきても穏やかですよね。」といわれました。

もちろん私もイライラとすることもあります。それでも怒ったところで、誰も得をしないことにはなるべく怒らないようにしています。

冷静に考えてみれば、自分の思い通りにならない、急いでいるときに邪魔がはいる、自己中心的な理由でイライラしていませんか?

電車が人身事故で遅れた。急いでいるときにはイライラします。でもイライラしても結果はかわりません。より一層ストレスがたまるだけです。

他人に不快なことを言われた。もちろんイライラします。それでも不快なことを言われた事実は受け入れつつも、イライラはその時だけにします。

人に言われてイライラするときには、自分にも原因やいたらないこともあったりします。

理不尽なことなら、そんな人のことを真に受けてイライラしているだけ損です。

ただ、それが家族となると少し難しいところもあります。毎日のことになると、不満やイライラも積み重なっていきます。

旦那や姑への不満やイライラもよく聞く話なのですが、昨日は中学生の娘へのイライラが話題となりました。

子育てで注意しないといけないのは、似ているようで少し違う「怒る」と「叱る」を理解しておくことです。

「怒る」と言う行動がイライラや不満の感情をぶつけることに対して、「叱る」と言う行動は相手に気付きを与えることを目的とします。

怒るだけでは何がいけないのか理解していない場合も多いですし、感情にまかせて大きな声で怒っても疲れるだけです。

基本的に子どもたちは家では甘えています。家族をゆるしてくれる存在だと思っています。

中学生にもなるのに制服をぬいだまま置かれている、注意してもなかなかやらない。

それはそんなに珍しいことではないんではないかと思います。

おそらく学校では体育で着替えても、そのままでなくきちんとしてると思います。

家では甘えてるんでしょうね。

小児はりで子どもたちが治療にきても、お母さんとくるのか、お父さんとくるのでは子どもの様子が違ったりします。

多くの場合、お母さんとの場合はグスグスや、服を着させてなどの甘えが強くなります。

家でもそうです。中学生はまだまだ子どもです。お母さんに言われるのがこたえないなら、お父さんに言ってもらうと効果があったりもします。

ただ言い方も大事、命令されると抵抗するのが中学生、「片付けなくていいの?」「いつやるの?」、本人に考えさせる決めさせる。

いちどルールを作ったら決めた方も守る。

帰ってきてお弁当箱をださないと翌日はつくらないときめたら、だせない理由もなく言ってもださなかったら本当に作らない。

本当に困ることならきちんと守ります。

中学生なら、自分で考えて決めさせる、ルールを決めることがポイントです。

良かったら参考にしてみてくださいね。

吉野川の鯉のぼり

吉野川の鯉のぼり

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。
はじめての方は、ぜひ蓬庵の公式ホームページもご覧になって下さい。

【和歌山県橋本市の鍼灸専門治療院】
橋本市、紀の川市、五條市、かつらぎ町で人気の治療院です。東洋医学に基づいた治療を専門とします。肩こりや腰痛だけでなく、頭痛、不眠、めまい、生理痛などの内科や婦人科の症状の治療も得意とします。

 鍼灸治療所蓬庵(しんきゅうちりょうしょよもぎあん)
【施術内容】はり、きゅう、小児はり、養生、美容
【施術日】月曜日、水曜日、木曜日
【受付時間】AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
【住所】和歌山県橋本市高野口町向島84-13
【最寄駅】JR和歌山線 高野口駅(徒歩8~10分)
【庵主】和田智義
蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス ・ メール相談・ご予約


ご予約、お問い合わせ
TEL 090-5964-9481

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です