めちゃイケ|加藤浩次さんが腰痛のはり治療|びんびん物語♪

加藤浩次さんが腰痛のハリ治療!

こんにちは(^-^)
東洋医学ライフを提案する蓬庵(よもぎあん)の和田です。

先日のめちゃイケで、加藤浩次さんが鍼を受けるというシーンがあったそうでさす。番組は見てなかったので、ネットの動画をチェックしてみました。

めちゃイケで加藤浩二さんが鍼治療が鍼

少し太い大鍼、長い巨鍼(長鍼)を受けたようです。一見罰ゲームにしかみえませんが、うまい先生に受けるとさほど痛くはありません。

鍼治療♪びんびん物語

加藤浩二めちゃイケで初体験の鍼をする

すぐにテレビ番組ではオーバーな表現やパフォーマンスで、誤解をうむような放送をしますが、加藤浩次さんは的確に鍼を受けてる感想を言われていました。

長い鍼はいれるときに痛くないけど押されてる感じ、下腹部に刺して肛門にひびく感じ、実際に受けてみないとわからない独特の感覚、リアルな感想だと思いました(^-^)

私も長い巨鍼を受けたことがありますが、痛いよりも気持ちいいのでビックリした経験があります。

この写真は私の背中です。鍼をいれている途中のところを撮ってもらいました。勉強会での一場面です。

巨鍼や長鍼の入った背中

長い鍼が入ってしまいました。

巨鍼と長鍼での治療

現代では、毫鍼(ごうしん)という髪の毛のような細い鍼がよく使われますが、古代から伝わる鍼には9種類があります。それぞれに特徴があり、症状や病の深さによって使い分けていきます。

・古代九鍼・

破る鍼:鑱鍼(ざんしん)、鍼(ひしん)、鋒鍼(ほうしん)
刺入する鍼:毫鍼(ごうしん)、長鍼(ちょうしん)、員利鍼(いんりしん)、大鍼(だいしん)
刺入しない鍼:鍉鍼(ていしん)、円鍼(えんしん) 
はり入門、森 秀太郎著>

<参考図:はり入門、森 秀太郎著>

蓬庵でもザン鍼やテイ鍼はよく使います(^-^)

テイ鍼、エン鍼、ザン鍼の写真

<上からテイ鍼、エン鍼、ザン鍼、すべて純銀>

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。はじめての方は、ぜひ蓬庵の公式ホームページもご覧になって下さい。

【和歌山県橋本市の鍼灸専門治療院】
橋本市、紀の川市、五條市、かつらぎ町で人気の治療院です。東洋医学に基づいた治療を専門とします。肩こりや腰痛だけでなく、頭痛、不眠、めまい、生理痛などの内科や婦人科の症状の治療も得意とします。

鍼灸治療所蓬庵(しんきゅうちりょうしょよもぎあん)
【施術内容】はり、きゅう、小児はり、養生、美容
【施術日】月曜日、水曜日、木曜日
【受付時間】AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00まで)
【住所】和歌山県橋本市高野口町向島84-13
【最寄駅】JR和歌山線 高野口駅(徒歩10分)
【庵主】和田智義
蓬庵鍼灸小児はり施術案内アクセスメール相談・ご予約

ご予約、お問い合わせ
TEL 090-5964-9481

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です