お正月の暴飲暴食と舌の苔|【膩苔(じたい)】

膩苔(じたい)って何?

こんにちは(^-^)
東洋医学ライフを提案する蓬庵(よもぎあん)の和田です。

お正月中は私もチョコレートや飲酒などの暴飲暴食をしていたため舌に黄膩苔(おうじたい)という黄色い苔がべったりと舌についていましたが、ようやくきれいな舌にもどりました(^_^;)

【膩苔(じたい)】

治療では舌を必ずチェックしますが、診ているもののひとつに苔(こけ)の状態があります。

苔がどこにどんな状態でついているかをみます。色や厚み、潤っているか乾燥しているか、また苔がはげている場所はどこかなどです。

苔にはお腹の状態がよく反映されます。

舌診

食べすぎてお腹に未消化物が残っている、便秘で便がたまっている、水分をたくさんとって余計な水が身体に残っている、胃腸の調子がわるくお腹が動いていない、冷えて水の代謝が悪くなっているときは、膩苔(じたい)というべったりした苔がへばりついています。

暴飲暴食のサインのひとつになりますし、そんなにたくさん食べたり飲んだりしていないのにでているなら、お腹の弱りや冷えも疑う必要があります。

甘いものや脂ものやお酒などをたくさんとれば、苔の厚みはまし、粘りも強くなります。

また熱のこもりが強いと苔が黄色い色となります。さらに熱が強くなると茶色や黒っぽくなりますが、それは暴飲暴食の範囲をこえて病気のときにみられます。

黒っぽい黒苔はガンの末期や危篤状態など、極めて危険な状態でみられます。

近年、これが口臭の原因だと、苔専用のブラシなどもでていますが、苔はお腹の状態によりあらわれるもの、ブラシでみがくことよりも食べ物を見直すことが大事ですし、胃に熱がこもることで息や口臭も強くなります。

苔と口臭

鍼灸師の中には舌なんて難しくてわからないからと、舌をみない先生が大半ですが、苔がついているかどうかは誰が見てもわかるので、お腹の状態を知るためにぜひみてもらいたいと思います。

あまり気持ちのよい写真ではないので、興味がある方はネットで検索してみてください。皆さんも鏡で舌をチェックしてみてくださいね(^^)d

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。はじめての方は、ぜひ蓬庵の公式ホームページもご覧になって下さい。

【和歌山県橋本市の鍼灸専門治療院】
橋本市、岩出市、紀の川市、五條市、かつらぎ町、高野町から来院の多い治療院です。岩出市や紀の川市も京奈和道ができたためスムーズにこれるようになりました。東洋医学に基づいた治療を専門とします。肩こりや腰痛だけでなく、頭痛、不眠、めまい、生理痛などの内科や婦人科の症状の治療も得意とします。

鍼灸治療所蓬庵(しんきゅうちりょうしょよもぎあん)
【施術内容】はり、きゅう、小児はり、養生、美容
【施術日】月曜日、水曜日、木曜日
【受付時間】AM9:00?PM7:00(施術はPM9:00まで)
【住所】和歌山県橋本市高野口町向島84?13
【道順】京奈和道 高野口ICより4分(駐車場2台)
【最寄駅】JR和歌山線 高野口駅(徒歩10分)
【庵主】和田智義


ご予約、お問い合わせ
TEL 090-5964-9481

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です