胸やけ・呑酸・逆流性食道炎を東洋医学で治療

逆流性食道炎は病院でなく鍼灸院でも治療できます。

こんにちは(^-^)
東洋医学ライフを提案する蓬庵(よもぎあん)の和田です。

ここ最近、筧利夫さんがやっている「胸やけ」、「呑酸(どんさん)」のCMがありますよね。

maxresdefault

「その胸の違和感、それは胸やけです。逆流性食道炎という病気かもしれません。」「すっぱい、何かが上がってくる感じ、それは呑酸です。逆流性食道炎という病気かもしれません。」「胸やけ、呑酸を感じたらお医者さんへ。」

実はこの症状、鍼灸治療もとてもよく効きます(^^)

「胸やけ」「呑酸」は珍しい症状ではありません。とくにこの暑い時季には、他の条件と重なることでよくみられます。とくにおこりやすい季節は春や夏の暑い時季でしょうか、「呑酸」でなく「えずき」「嘔吐(おうと)」といわれる方もおられます。

飲み過ぎや食べ過ぎにより胃が不調をきたし、そのような症状がおこる場合もありますが、それはしばらくお腹にやさしい食事をしていれば落ちつきます。鍼灸治療では胃や消化に関する治療をしていくことになります。

別に飲み過ぎや食べすぎでもないのに、そういった症状がおこるかたがいます。食べてもいないのに何かがあがってきて、吐きそうになったり、気持ち悪い感じがする。

この場合の多くに、精神的なストレスやイライラが関係しています。精神的なストレスやイライラは密接な関係があり、イライラに関係する「肝」というケイラクのルートは、胃をぐるりとまわるようにルートがありストレスやイライラで緊張すると、その「肝」のルートも緊張して胃をしめつけて痛めつけます。それにより胃の詰まった感じや痛みがおこり、食べものが通りにくいような感じをおこします。

2012091

「肝」のケイラク

そして「肝」は体の「気」の流れをコントロールして、胃などの内臓の働きを円滑する役目もになっています。ストレスで「肝」が弱れば、一時的な胃の痛みなどから、どんどん胃の慢性的な症状として悪化してしまいます。まさに病は気からですね。

また「呑酸」「えづき」「吐き気」というのは、本来は下におさまっていかないといけない「気」が、気逆(きぎゃく)といって、「気」が上に上がろうとする状態です。

その気逆をおこすのが、ストレスなどのイライラや夏の暑さです。イライラすると頭に血がのぼります。熱の作用としても、熱は上にあがろうとします。そのためこの暑い時季に多くなるんです。

また春に多いのは「気」がもっとも活発に働き動き回るため、草花が芽吹いてのびのび育つように、人間の「気」も上に上に上がろうとするためです。

このタイプの場合は、必用に応じて胃の治療とともに気を下にさげる治療や、「気」の巡りをよくするイライラやストレスの治療をしないと、本来の問題解決にはなりません。そういったことを知っているのは、東洋医学や漢方をやっている人だけです。いくら胃の治療や胃の薬を使っても効果は少ないんです(^^;)

東洋医学の病名では、肝気鬱結(かんきうっけつ)といい、より進行したものを肝鬱気滞(かんうつきたい)といいます。特徴として女性の場合は、一緒に月経に関するトラブルもよくみられます。

こういった逆流性食道炎の症状もお気軽にご相談ください。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。
はじめての方は、ぜひ蓬庵の公式ホームページもご覧になって下さい。

【和歌山県橋本市の鍼灸専門治療院】
橋本市、紀の川市、五條市、かつらぎ町で人気の治療院です。東洋医学に基づいた治療を専門とします。肩こりや腰痛だけでなく、頭痛、不眠、めまい、生理痛などの内科や婦人科の症状の治療も得意とします。

鍼灸治療所蓬庵(しんきゅうちりょうしょよもぎあん)
【施術内容】はり、きゅう、小児はり、養生、美容
【施術日】月曜日、水曜日、木曜日
【受付時間】AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00まで)
【住所】和歌山県橋本市高野口町向島84-13
【最寄駅】JR和歌山線 高野口駅(徒歩10分)
【庵主】和田智義
蓬庵鍼灸小児はり施術案内アクセスメール相談・ご予約

ご予約、お問い合わせ
TEL 090-5964-9481

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です