「不通則痛、通則不痛」|東洋医学における痛みの原因と治療原則

「不通則痛、通則不痛」とは!?

こんにちは(^-^)
東洋医学ライフを提案する蓬庵(よもぎあん)の和田です。

東洋医学には痛みの説明にこんな言葉があります。

「不通則痛、通則不痛」

「通じざれば則ち痛み、通ずれば則ち痛まず」

これは、東洋医学における痛みの原因であり、痛みの治療原則です。

もう少しかみくだいていうと、体の中で渋滞がおこると「気」や「血」が滞ることで痛みがでる。逆に渋滞がなければ「気」や「血」はスムーズに流れるので痛みはでない。

東洋医学では、渋滞を起こしているところの流れがよくなるように交通整理をしてあげるとともに、渋滞をおこしている原因をつきとめて改善し、今後、渋滞をおこさないように治療していきます。

この渋滞の原因には、冷え(寒邪)、風邪、精神的なストレス(イライラや悩み事)、飲食の不摂、古血(オ血)、疲労、外傷(打撲、骨折)など、様々なことが考えられます(^^)

東洋医学の痛みの治療は、痛み止めの薬のように痛みをマヒさせるのではなく、痛みの原因となっている根本から改善をはかる治療です♪

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。
はじめての方は、ぜひ蓬庵の公式ホームページもご覧になって下さい。

【和歌山県橋本市の鍼灸専門治療院】
橋本市、紀の川市、五條市、かつらぎ町で人気の治療院です。東洋医学に基づいた治療を専門とします。肩こりや腰痛だけでなく、頭痛、不眠、めまい、生理痛などの内科や婦人科の症状の治療も得意とします。

鍼灸治療所蓬庵(しんきゅうちりょうしょよもぎあん)
【施術内容】はり、きゅう、小児はり、養生、美容
【施術日】月曜日、水曜日、木曜日
【受付時間】AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00まで)
【住所】和歌山県橋本市高野口町向島84-13
【最寄駅】JR和歌山線 高野口駅(徒歩10分)
【庵主】和田智義
蓬庵鍼灸小児はり施術案内アクセスメール相談・ご予約

ご予約、お問い合わせ
TEL 090-5964-9481

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です